H30年6月A海外預金の相続手続き

立川相続専門税理士事務所

H30年6月A海外預金の相続手続き

海外預金の相続手続き

亡くなった方(被相続人)に海外預金があるかもしれない場合、まずは、その証拠となる金融機関からの郵送物などを大切に保管しておきましょう。
書類等を頼りに個人の方が外国の金融機関にアクセスすること自体が通常困難ですし、金融機関側の要請に対応することも困難なことが多いでしょう。専門家でも必要書類を集めて、預金を取り戻すまでには、煩雑な書類を色々と作成しなければなりません。 
委任状などの必要書類を集めるためには、すべての相続人の協力が必要となったり、様々な手続きもかかわってくるため、なおさら早めに専門家にご相談することをお勧めします。

 

日本国内の金融機関

日本国内にある預金口座を相続する場合に、常に必要となる書類は、戸籍です。戸籍には、全部事項証明、除籍、改製原戸籍などがあります。
亡くなった方の戸籍
亡くなった方を被相続人と言います。被相続人の戸籍については、「出生から死亡まで」の「全て」の戸籍が必要となります。なぜ「全て」が必要かと言いますと、「全て」の戸籍を見ることで、「全て」の相続人の存在を確認できるからです。

 

相続人の戸籍
この相続人の戸籍が必要書類としてあげられることが通常ですが、これは相続人であることを確認するためであり、「被相続人の戸籍」との関連性が当然のことですが必要となります。

 

そのほかに、遺言書がある場合、遺産分割協議書がある場合、これらの書類が何もない場合など、様々な場合があります。

 

戸籍のほかに必要となる書類については、亡くなった方の口座がある金融機関等の金融機関に早めに問い合わせましょう。金融機関等により、必要書類が異なってくることがあるためです。

 

なお、遺言書がない場合は、遺産分割協議書がある場合も含め、相続人全員の印鑑証明書が必要となります。印鑑証明書は印鑑が「実印」であることを証明する書類です。

海外の金融機関

外国にある預金等を相続により取り戻す場合には、日本の相続法に近い法制のヨーロッパの大陸法系の国の場合と大きく法制度の異なるイギリス・米国などの英米法系の国とでは、全く違う流れとなります。

 

ヨーロッパの大陸法系の場合:包括承継主義

 

フランス、ドイツなどのヨーロッパ大陸にある国の法制(大陸法系といわれています)は日本の制度と近いので、一般的には預金等の取り戻しがスムーズに進みやすいといえるでしょう。

 

死亡診断書(通常は、「除籍」で用が済みます。)や戸籍に基づいた相続関係図、遺産分割協議書(分割前で法定相続分による取り戻しの場合は不要となります)などの書類が必要になり、すべて英訳します。これらの書類に英文委任状を添えます。

 

この英訳については、翻訳者が公証人の面前で翻訳の正確性・真実性について宣誓して署名し、その署名認証については、最終的に外務省のアポスティーユを付けてもらうことになります。

 

英文委任状についても、委任者(ご依頼者)が公証人の面前で署名し、アポスティーユをつけてもらいますので、これらの書類作成だけでも結構煩雑な手続きとなります。

 

それでも、預金口座の所在国の弁護士に間に入ってもらうケースは英米法系の場合に較べると格段に少なくなるので、その分、取り戻しやすくなるでしょう。

 

 

イギリス・米国などの英米法系の場合:管理清算主義−プロベート手続き

 

イギリス・米国をはじめとして、かつてイギリスの植民地であったオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、香港、シンガポール、マレーシアなどの国々においては、相続手続についての考え方が日本とは大きく異なり、一般的にプロベート裁判所が遺産の分配に深く関与する非常に複雑な手続が予定されています。

 

米国などでは、プロベート裁判所に関する法律は、連邦法ではなく、各州法で定められていますので、プロベート裁判所における手続きは州ごとに異なります。

 

このプロベート手続は裁判所が管理・監督する一種の清算手続であり、日本における限定承認手続と「清算」という点で類似しています。

 

プロベートは、不動産、株式、預金などの遺産の種類や価額、所在地などによっても、手続が異なってきます。

 

プロベート手続きは、亡くなった方(被相続人)の遺言がある場合と、ない場合とで、大きく分かれます。

 

遺言がある場合

プロベート裁判所における遺言の検認手続を経て、そこで遺言執行者が指定されていれば原則としてその遺言執行者がプロベート裁判所の監督を受けながら、被相続人の借金や税金などの債務を遺産から支払って、その残りを、遺言に従い、遺産の現物を引き渡し、又は、遺産を金銭に換えて分配することになります。

 

遺言がない場合

プロベート裁判所が遺産管理人を選任し、その遺産管理人が裁判所の監督下で法律に従った遺産分配手続を進めることになります。

 

英米法系の国にある銀行等の金融機関に預けた預金の相続においては、預金額等によって扱いは異なりますが、相続人は基本的にはプロベート手続を行い被相続人の預金を取り戻すことが想定されています。

 

プロベート手続が我が国の相続法と根本的に異なるのは、相続人が相続開始と同時に遺産を法律上当然に承継できるわけではないところにあります。

 

プロベート手続きは現地の裁判所の監督のもとに現地で進められますので、当該外国の弁護士に手続きを依頼することが通常となります。そのため、費用も時間も大陸法系の国々より相当かかる見込みであり、その分取り戻しの時間・費用・手間などの負担が重くなります。

 

取り戻しの時間は、遺産が不動産か、預金などかによっても大きく異なりますが、1年〜3年くらいかかるのが通常です。

 

費用額については、遺産の種類や所在地などによっても、また、プロベート手続きを依頼する現地の弁護士によっても大きく異なってきますので、一概に説明することは不可能であり、個別事案ごとに検討するしかありません。

関連ページ

H30年6月@配偶者(特別)控除の変更点
H30年4月B出張族のクレジットカードからのポイント取得
H30年4月A労務関係文書の保存期間
H30年4月@高い所ほど高くなる税に
H30年3月B個人情報の利用目的の変更
H30年3月A仕事でストレスを感じる人が6割
H30年3月@「仮想通貨」で得た利益は課税対象?
H30年2月D相続税申告まで手続きの流れ
H30年2月C平成30年度税制改正 個人所得課税編
H30年2月B中小企業の賃上げ動向
H30年2月A「競業避止義務」とは?
H30年2月@平均給与が最も高い業種は?
H30年1月I民事信託は相続税節税になるの?
H30年1月H税理士事務所と会計事務所の違い
H30年1月G日本の複雑な相続税課税方式
H30年1月F司法書士の相続登記報酬の相場
H30年1月E税理士の口コミ
H30年1月D相続税の税理士費用の相場
H30年1月C土壌汚染地の相続税評価
H30年1月B年金受給開始70歳超えも選択肢に
H30年1月A女性の就業率過去最高
H30年1月@事業承継税制が利用しやすくなりました
H29年12月D平成29年度地域別最低賃金
H29年12月C会社分割の要件緩和 創業者の会社貸付金の相続対策
H29年12月B小規模宅地の特例と貸家立付地評価の併用
H29年12月A小規模宅地の所有継続要件
H29年12月@亡くなった後に遺産相続でもめないために
H29年11月G共同相続登記
H29年11月F事前確定届出給与届出額を支給しなかった場合
H29年11月E契約書の作成意義とは
H29年11月D相続税がゼロならば申告する必要がないの?
H29年11月C改正労働基準法の内容と動向
H29年11月BH30年1月1日以後の手続き 保険契約者の名義変更と相続贈与課税関係
H29年11月A育児・介護休業法と給付金の改正
H29年11月@次のケースで贈与税がかからない方法とは?
H29年10月B年金受給資格期間不足を補うには
H29年10月A早期経営改善計画の策定を
H29年10月@新たに購入した設備の固定資産税は半額
H29年9月C相続税は一部の富裕層だけのもの?
H29年9月B育児休業給付金の延長手続
H29年9月A研究開発税制を活用して競争力の強化を!
H29年9月@法人成り メリットとデメリット
H29年8月B法人税の実地調査を受ける確率は何%?
H29年8月A相続は財産だけではありません
H29年8月@残業時間上限規制と休日出勤
H29年7月B株の配当金や譲渡益の税金はどうなるの?
H29年7月A請負と委任
H29年7月@ポイント制度を運用する側の 会計・税務・マーケティング
H29年6月B配偶者控除が拡大されます!
H29年6月Aポイント制度を運用する側の 会計・税務・マーケティング
H29年6月@受動喫煙対策強化案
H29年5月B市販薬の購入で所得控除が受けられます
H29年5月A事業と非事業の判定
H29年5月@パート主婦の扶養の要件
H29年4月A管理会計のススメ  粗利益を多く積み上げるには・・・
H29年4月@自主服薬推進のためのスイッチOTC薬控除の創設
H29年3月A個人型確定拠出年金の適用拡大
H29年3月@育児・介護休業法の改正
H29年2月A65歳以上も雇用保険の適用者に
H29年2月@10年で年金受給権ができる
H29年1月B災害などで損害を受けた場合には
H29年1月A遺言書が身近に? 自筆証書遺言の方式緩和
H29年1月@年末調整とマイナンバー
H28年12月A平成28年度地域別最低賃金
H28年12月@会社債務の連帯保証や担保提供 社長に支払う債務保証料
H28年11月A三世代同居リフォームの減税制度 住宅ローン控除と特別控除の2制度創設
H28年11月@老後のライフ・マネープラン
H28年10月A人材募集の留意点
H28年10月@株主リストの添付が義務化
H28年9月A都市部の地籍調査の進捗は24% 地籍調査とは?
H28年9月@7月1日に「中小企業等経営強化法」が施行されました!
H28年8月A介護休業給付金の支給率アップ
H28年8月@消費税延期されるものされないもの
H28年7月Aどっちが優先? 遺言と遺産分割協議書
H28年7月@少し変わりました! 農地の納税猶予〜平成28年税制改正で3つの見直し〜
H28年6月A次世代ロボットの耐用年数
H28年6月@国際税務って何だろう
H28年5月A2017年1月から通勤手当の非課税限度額が引上げへ!

ホーム RSS購読 サイトマップ
かんたん予約カレンダー 平日10時〜17時